難易度:★☆☆☆☆
加工量:★☆☆☆☆
別人度:★☆☆☆☆
使用ソフト:Adobe photoshop CC 2017


デジタルカラコンプロジェクト、後編行きます。
今度は、下の2枚のレイヤーを使って、くり抜き方式で瞳の色を変えていきます。
手順は、
1、上のレイヤーの不要部分に穴空ける
2、下地を変化させる
です。


選手交代します。さっき使った上2枚のレイヤーを非表示にして、下2枚が見えるようにします。
レイヤーウィンドウ上で、目玉のマークを押すと、レイヤーの表示/非表示が切り替えられます。
何枚もたくさん表示/非表示切り替えたい時は、一個目玉を押した状態で上下どっちでも良いですけどドラッグすると、ずらーっといっぺんに出来ます。

上から3番目のレイヤーを選び、前編のようにクイック選択ツールで女性の瞳を丸く選択して、
メニューバーから「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「選択範囲をマスク」を選んで、選択範囲を透明にします。ここ↓

F3dffbe2 c5e9 4f11 ad15 986d76a12b06


マスクとは、透明を描ける機能です。好きなように画へ透明を描いて、必要なら消し、何度でも修正できる機能の事です。
ただ消すなら消しゴムで事足りるんですが、こっちはほとんど絵描きが使うもんですね。画を消しゴムツールで消してしまうと消えた箇所が元に戻らないので、
何度も修正や吟味が必要なデザインやレタッチの場面においては、不向きなのです。

そのてんマスクだったら、一度描いた透明部分を消せば、画が元に戻ります。
「透明を描ける、そして消せる」なんて、デジタルペインティングに慣れていない方にとっちゃファッ!?って感じでしょうが、
便利な世の中になったもんだと感謝しましょう、実際便利です。使いこなせば大幅レベルアップできます。


さてここまでで、3枚目の瞳の部分を選択し、マスクして透明にできたって事は、今3枚目の女性の左目は消えてるって事です。
こうしてステンシルの穴が空いた部分を作れたわけです。4枚目が下地です。

ここまでやっても、パッと見は変化がありません。
なぜなら3枚目も4枚目も全く同じ画なので、いくら3枚目のレイヤーを穴開けて透明にしたって、穴開いた向こうの4枚目が見えるだけですから、見てくれに変化は無いのです。
4枚目の表示非表示切り替えて、ちゃんと穴開いてるかチェックしてください。


2、下地を変化させる
では4枚目を変化させて、穴の向こうの世界を一変させます。レイヤーウィンドウで4枚目を選択したら、Ctrl+Uを押します。

09d602ed 6ee5 4a91 a5fc 5460da6407fe

ご覧の通り、色相彩度明度を変えられる便利メニューが出るので、
ひときわ色鮮やかな色相のつまみを好きなように左右にドラッグして引っ張ってください。ひっぱりながら瞳の色の変化を見て、つまり筆者がどういう事がしたかったかをご理解ください。
何も変化がなければその便利メニューの右下、プレビューのところにチェックが入ってないせいなのでチェック入れて、お好みの色に変えてください。


今度は、少し紫っぽい色に変えました。
今回合成モードは使いませんので、完成です。

4e340c46 55df 4e36 9f18 1b3d436ce5ab


色を描き足す方法と、穴開ける方法との違いは実戦を通して分かって頂けたと思います。
これまでの前後編合わせて使った4枚のレイヤーの重なり方は、こう。

79d37c1c f47a 4382 bacc 512c30f694a3


って言うか上から描き足す方は別にこんな断面図見なくたって構造なんて分かりますよね。あえてカラーに変更する前の通常モードで表してます。
くりぬいた3枚目4枚目は下の通り、色相変えたので4枚目色ヤバイです。

Be89b847 2ed6 4b73 952b f50ffbbd50e8

2483a678 ee8b 4b84 9d0d 4a11e9e8d3b5



楽しかったので、もういっこ見本を作りました。お絵かき方式で瞳孔周りにオレンジ、半ばに黄色、外側青の順でのせていきました。

34c99681 b51f 43db b428 e7cad1cadfb8

きれい。


下は、片目だけやったのを両目ともマスクして紫の瞳の美女。余計なお節介ですが彼女のネイルがちょっと剥がれてたので、
素爪部分をマスクして、下地にした同じ画を少しずらす事で、剥がれた部分を黒いマニキュア部分で埋め尽くし、上から透明レイヤーに紫描いてオーバーレイで合成して、
さらに上から白のブラシで、ざらっとしたつや感を手描きしました。

12209a80 73af 4416 af2b 654378af0c14

さつまいもカラー。きれい。


いや2つ目の方式別にいらなくない?と思われた方、いらっしゃいますよね。

だって乗せたい色をフツーのお絵かき方式で書けば、マスクとかいうややこしそうな機能使って穴開ける→下地変化させるなんて、
めんどい工程踏まずにワンステップで色変わるんじゃないの?と。
そう思われたあなたは、正しく1つ目のお絵かき方式を理解・実践しておられます。今日からぞんぶんに筆をふるってお絵かきしてください。
2つ目を覚える必要性をご理解いただけるのは少し先です。

あとは、
「ラスタ形式の画像を真っ先にリサイズしてスマートオブジェクト化しないなんて、デザイナーの風上にも置けんやつだ!そんなのはまるで箸を使わずに飯を食うようなものだ!(憤慨」とか、
あとは「環境設定はどうしたー!!カラー設定は、解像度はー!(憤怒」などと、
怒りで頭がフットーしそうになった人がいらっしゃるかは知りませんが、今回は初心者向けという事で、
話がずれそうな諸テクニックは全部省略した事を言い置いて、ひとえにご容赦願います。


ツールとレイヤーの機能を活かせば、ただ瞳の色を変えるだけのレタッチでも方法は一つじゃないよという事と、
これからPSはあまりにも楽しくなるよって事を言いたくて、この記事を書きました。
色をのっける方はイロハのいですし、マスクも然りでなおかつ無限に応用が効くので、駆使するといろんなレタッチに対応できます。



では最後に、画面の向こうのコスプレイヤーの皆さん、SNOWじゃ盛り足りなくなったハングリーなあなた、
デザイナーさんやPhotoshopに興味津々のあなた、
読んでくださった皆様お一人お一人の、今後のご活躍とご健勝を
心よりお祈り申し上げます。


次はan・anの表紙風☆上気した頰とうるうるリップの可愛いメイクのやり方を載せようかなと思います。
あるいは違う事を書きます。

お疲れ様でした。次回もどうぞお楽しみに。ナカクキでした。

Shere
  • はてなブログ
  • Twitter
  • Facebook
Photoshopで本気の人物レタッチ①瞳の色を変化させる方法 後編

Writer

  • Name

    ナカクキ

  • Position

    さかなクンさんの女性バージョン

  • Profile

    いつか遠い未来、悔いだらけで死にたいです。 「まだまだ面白そうな事がたくさんあるから全然死にたくない!!」と思いながら死ねるような、 面白くてたまらない世の中をすこしでも作りたくて、お仕事頑張っています。