はじめに

本ブログにてサーバーサイドを担当しております、米山です。
本記事ではブログ公開にあたり、制作中に考えていたことや苦労したことを記載したいと思います。

スクリプト言語の選定

本ブログはRubyにて制作をしました。
フレームワークはもちろん、Ruby on Railsです。

弊社のサーバーサイド言語はPHPが主であるため、選択肢としてCakePHPやLaravelもありました。
ただ、新しい風を吹き込みたいと思いましたので、今回は社内にあまりないRubyを実装言語に選定しました。
(もちろん、私が書きたかったことが一番の理由ですけどね!)

開発フローの策定

小規模開発ですので、実装方法も私たちで決めることができたのは大きかったです。
私たちの開発では、アジャイルに近いフローを目指しております。

  • 全員で仕様の話し合いをして、「何を」「いつ」リリースするか決めます。
  • デザイン、および実装を開始します。
  • リリース日にリリースします。
  • さらなる機能改善のために次のステップを考えます。
  • 上へ戻る。

ショートスパンで機能改善、追加をしていき、どんどんより良い情報発信メディアにしていきたいと思います。

Slimとの出会い

HTMLのテンプレートエンジンというと、私はSmartyくらいしか使ったことがなかったです。
しかし、今回Slimというテンプレートエンジンと出会うことができました。
例えば、下記のようなHTMLがあったとします。

<div class="hoge">
    <p class="fuga">テスト</p>
</div>

これをSlimで書き換えると、

div.hoge
    p.fuga テスト

これは楽チン!
はじめは奇妙な感覚でしたが、よく見るとPythonのシンタックスに似ていると思いました。

また、Rubyのスクリプトを埋め込むことも簡単です。

div.hoge
    - for i in 0..10 do
        = i

これは下記と同じですね。

<div class="hoge">
    <% for i in 0..10 do %>
        <%= i %>
    <% end %>
</div>

短くなれば良い、というわけではないと思いますが、それでもかなり便利なものに出会えました。
注)SlimはRuby製のテンプレートエンジンです。

RailsのTurbolinks

Ruby on Railsにはその特徴的な機能として、Turbolinksというものがあります。
(詳細はぜひ今後のブログにまとめたいと思っています!)

簡単にまとめますと、headタグを固定してbodyタグのみAjaxで差し替える機能です。
これにより、headタグ内で読み込まなければいけないCSSやJSのような静的ファイルをいちいち取得する必要がないため、読み込み速度が向上します。

ただ、本ブログでは現在、こちらのTurbolinksを切っております。
理由は、Turbolinksを考慮したJSを書く必要があるため、普通のJS、JQueryですと不都合が生じる可能性があるためです。

こちらについては、私の勉強不足もありますので、勉強してブログで記事にしたいと思います。

そういえば、Rails 5.1からはJQueryがデフォルトから外れましたね。

さいごに

徒然なるままに開発者記事を書きました。
今後も精進してまいりますので、ご愛顧の程、よろしくお願い致します。

Shere
  • はてなブログ
  • Twitter
  • Facebook
本ブログ公開にあたり(サーバーサイド)

Writer

  • Name

    Naoki

  • Position

    RubyやPHPが書きたい雑用

  • Profile

    最近、(自称)PHPerから(自称)Rubyistに移行しようと考えている雑用です。Rubyのオブジェクト 指向はすごい分かりやすいので好きになりました。また、メソッド名に?が使えるのも良いですよね!