「なんかダサいんだよなこれ」
「もうちょっとよくなればいいのに」
「これはないだろ・・・」

─────────────どうすりゃ・・ええねん・・っっ!!

って感じ、よくありますよね。
少しでもこんなことが解決できたらよいですよね!
そんな目的の記事になります。

書体を知ろう!

普段目にする文字とかありますよね。

紀元前とか人間の歴史が始まるころの「絵」に近いような文字から、昨今の文字まで色々ありますが、一文字で見ると

文字(もじ)とは、言葉・言語を伝達し記録するために線や点を使って形作られた記号のこと。
文字の起源は、多くの場合ものごとを簡略化して描いた絵文字(ピクトグラム)であり、それが転用されたり変形、簡略化されたりして文字となったと見られる。

引用元:wikipedia/文字

歴史があるぶん、文字は文明の一部として人間の生活に溶け込んでいますよね。

基本的にはこれが組み合わさって出来上がっているのが「文章」
グラフィックデザインではもっとディープな世界が広がっていますが、今回この記事では割愛させていただきますね。

この記事の対象者は

「いざデザインを始める時に、なにかとっかかりがほしい!」

みたいな人向けの記事になります。

書体の使いどころを知ろう!

本題です。
まずは、以下の図を見て考えてみてください。
全部で5つあります。

1、どちらが「落ち着いた印象」を受けますか?

5ef6b547 d739 4e65 a311 867d5d10114d

財布忘れて落ち着いてんじゃねえよって話ですが、Bの方が、ゆったりとした印象を感じる人が多いのではないでしょうか。
意識したポイントは二点です。

  • 文字と文字の間を広げる
    文字を広げすぎると言い方悪いですが、簡単に言うとまぬけな印象になりやすいです。が、文字と文字の間にゆとりが生まれるので緊張感が薄れやすいです。

  • 落ち着いた筆跡の書体を選ぶ
    そもそも「落ち着いた」ってなんでしょうね...。
    じゃあ「落ち着いた人が書いた文字」はどんな感じでしょうね。文字の流れが急すぎず、安定感を感じる書体ってこんな感じかなと。そんな感じのことを考えながら選択してみました。

2、どちらが「遊び心ある印象」を受けますか?

1a63fd0d da25 4de5 b3db 5cd4c964bde8
お肉、食べたいですね。これもBの方が楽しい印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

意識したポイントは1と似ていますが、

  • 文字の位置をずらしてリズムを作る
    水平軸に整列していると綺麗な印象はありますが、安定感が強すぎて「遊び心」という点では物足りなさを感じますよね。そこを少し、上下にずらすことでリズムのある感じに崩してみました。

  • ポップな印象の書体を選ぶ
    一般的なゴシック体よりもうちょっと図形チックなものを選びました。小・中学生が好きそうな商品とかチラシとかに使われてそうですよね。

3、どちらが「インパクトのある印象」を受けますか

7b7921eb aa60 4a2f b83c 2991136ea19b

  • 意識したポイントは見たまんまですが文字のウエイトを太くしています。それと、ひらがなを小さくして文字間も少し詰めて、何にインパクトを出すのかを明確にしています。
4、どれが「女性っぽい印象」を受けますか?

Ad196aad 08a3 4592 8c7a 17925745da38
この中では、Bが一番女性らしい印象を受ける人が多いのではないでしょうか。
気をつけたことは、文字の柔らかさです。
実を言うと、漢字とひらがなで違うフォントを使っています。ひらがなは情緒深い表現がありますが、漢字だとどのフォントも、すこし堅いイメージを受けることがあります。ひらがなに女性らしい柔らかい部分を置き、それに合わせて、漢字もそれに多少似通ったものを選んで全体的に柔らかい印象になるように気をつけました。

以上のことを配慮して見てみると
  • Aは「THE 小説やで!」って感じですよね。直球で内容が伝わってきますよね。

  • Cはインパクトが強すぎて「おう!猫だな!!!!」といった感じですね。

  • Dはなんですかね、サバイバルで生きてきた感ありますよね。サバンナでも同じこと言ってそうですよね。

    5、どれが「男性っぽい印象」を受けますか?

    08855f2e 6929 40a1 a8d2 ba0041277743

BとCで迷う人が多い気がしますがどうなんでしょうね。
個人的にCが、より男っぽいのかなとも思えます。なぜなら、文字全体が角ばっているところです。
人間の生物的な特徴の一つとして、男性は女性より骨ばってゴツゴツしていて、女性は男性より柔らかい点が挙げられることが多いですよね(あくまで一般的に多いという意味です)
その点を考えると、右上のしっとりした文字の流れよりは男っぽい印象を受けやすい書体となるはずです。

以上のことを配慮して見てみると

  • Aは「丸文字ですやん!!!」って感じですよね。ギャルですね。カメラ補正アプリとかめっちゃ使ってそうですよね。知らんけど。

  • Bは落ち着いて厳粛なイメージを私は持ちました。ただ、中性的な印象もあると言えるかと感じます。

  • Dはキャラクター強い感じありますよね。役者さんで「◯○さんがやる役ってどれも〇〇さんって感じだよね」みたいな。(悪い意味ではないです。)

文字そのものの印象って大事ですよね!

フォントを選ぶ基準

基準があるのか・・・という方も多いと思いますが・・・あるんです。

そもそもデザインは「誰か(何か)のため」の意義が存在します。
例えば、ジュエリーショップが顧客に見せるバナーがあったとして、それは誰のために存在するものでしょうか。

  • 「結婚を考えている人たち」

  • 「他の人や、自分へのプレゼントに悩む人」

  • 「ジュエリーショップのブランドを確立したいオーナー」

いろんな人が、その文字に触れるかと思います。
それぞれの人たちに共通するものとして「自分たちにあったものを、ちゃんと提供しているのか」が気になるポイントの一つだと思います。
要するに「そのフォントをその時になぜ使うか」という根拠が必要になってきます。

そのポイントとジュエリーショップとを、文字の力で繋げるには「目に触れる人にどういう印象を持って欲しいか」が一つの大きな基準になってくるのではないでしょうか。
全体の雰囲気を壊さず、届けるべき相手に届けるフォントを選ぶことを心がけていきましょう。

例として、バナーっぽいものを作ってみました。

二つを比べてみてください。文字以外の構成は同じですが、フォントだけ変更しました。どちらが「誰のため」に沿った文字になっているでしょうか。

3d6d14d0 30dd 4b8a 892d aad26d3c5a79
7b705556 6527 4053 8fc5 4ed5ad0f3c98

上のものは文字のせいで本来伝えるべきターゲットが定まらず台無しになっていませんか?
下のものはなるべく写真やフレームのエレガントな雰囲気に合わせてフォントを選択してみました。
どちらがジュエリーを求めてる人たちやジュエリーを取り扱ってる人に近いものとして適切かを考えると、どちらかというと下のものではないでしょうか。

まとめ

今回は、フォントの使い所を簡単に紹介しました。いろんな使い方やルールも存在しますが、街に出てフライヤーとかを眺めて分析するだけでいろんな引き出しを作れるかと思います。他の人が作ったフライヤーとか広告を見て分析して実際に作ってみたりして吸収していきましょう。
ただ、意識して欲しいのは下の三つ!

  • 使われてる文字/文章は誰の・何のために存在してるのか。

  • 誰にどんな印象を与えるために使われてるのか。

  • 自分自身はどんな印象を受けたのか。

  • そんな印象を受けたのはどんな文字がどのように使われているのか。

───────────────・・・・四つ・・・・でしたね。

ですが、これだけ考える・覚えるだけでも文字選びがとてもスムーズになります!

(保険:この記事は一つの足がかりとして「こういうやり方もあるんだ」という感じで受け取ってもらえたら幸いです。)

以上!

Shere
  • はてなブログ
  • Twitter
  • Facebook
文字を選ぶとき、文字もまたこちらを選ぶのだ(訳:文字選びって大事)

Writer

  • Name

    佐伯 明紀

  • Position

    デザインとか

  • Profile

    もともと紙系のデザインなどをやっていましたが、転職を機にWEBデザイン関係の仕事に就くことになりました。自分なりに頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします。作業用BGMとして映画の予告を延々と流すことにハマってます。